特定健診(特定健康診査)と総合健診

この表は右にスクロールできます。

  目的 健診日程と会場 検査項目
特定健康診査
自己負担
基本項目  0円
(追加検査は全額自己負担)
40歳以上75歳未満の組合員・被扶養者を対象とした、生活習慣病の早期発見と予防を目的とした健診(メタボ判定を目的とした検査)です。 共済組合が契約した病院にて自らが予約した日程で受診 身体計測、血液検査、尿検査等の基本項目
医師の判断により追加検査(心電図・眼底・貧血)を行う場合があります。
総合健診
自己負担
組合員(現職のみ) 0円
被扶養者 6,000円
組合員、被扶養配偶者、40歳以上75歳未満の被扶養者(配偶者に限らない)を対象とした、疾病の早期発見と予防を目的とした健診です。 基本的に所属所(被扶養者の場合は扶養する組合員の勤め先)、任意継続組合員は元所属所にて実施
日程は各所属所の定めた日
身体計測、血液検査、尿検査、血圧、視力、聴力+年代により追加項目(眼底、心電図、一部がん検診)
年代別検査項目表 PDF
40歳以上は特定健診の項目も含む
40歳以上の総合健診を受診した方は、総合健診にて特定健診を受けたとみなし、特定健診を別途受診する必要はありません(いずれか一方しか受診できません)。
組合員に任意継続組合員も含みます。

受診できる健診

  • 特定健診の受診対象となる方については、特定健診受診券をお送りします。
    受診に関する詳細についてはこちら
  • 総合健診の受診を希望される方は、所属所の共済事務担当者までお申し出ください。
    (受診できる日程が限られていますので、ご注意ください)

PageTopPageTop

使い方ガイド

メニュー

メニュー