団体信用生命保険

団体信用生命保険(以下「だんしん」という。)は、共済組合が行う貸付事業に係る資金の貸付を受けている組合員(以下「借受人」という。)を被保険者とする生命保険です。

借受人が貸付金償還期間中に万一死亡した場合または所定の高度障害の状態となった場合には、借受人に代わって生命保険会社が残存債務のいっさいを共済組合に返済することとなりますので、退職手当や他の資金で未償還金を返済する必要が無くなり、現在の生活を維持することができます。

「だんしん」の概要

詳しくは、こちら→だんしん事業のご案内 PDF パンフレット PDF

借受人が万一死亡(高度障害を含む)した場合
「だんしん」加入の場合   「だんしん」非加入の場合
貸付金の債務残高に相当する保険金が共済組合に支払われる   家族に返済義務が生じる
組合員の債務は自動的に消滅する   家族は退職手当で債務を返済する
家族は退職手当の全額を受取ることができる   退職手当が債務残高より下回る場合は更に他の資金で返済することになる
家族は退職手当を生活維持資金、子どもの養育費、老後の生活資金等に活用できる   本来家族の生活維持資金等として使われるべき退職手当が使えないことになる

(1)加入資格

  1. 共済組合の貸付金の借受人であること
  2. 加入日現在の年齢が満70歳未満であること
  3. 加入申込時の貸付金残高(新規貸付の場合は貸付金額)が10万円以上であること
  4. 健康状態が以下に掲げる告知事項に合致すること

告知事項

「だんしん」に加入するには、告知日現在、正常に就業し(注1)、かつ過去3年以内に、下記の病気で連続2週間以上の入院(注2)をしていないことを告知する必要があります。

狭心症、心筋こうそく、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症、脳卒中(脳出血・脳こうそく・くも膜下出血)、脳動脈硬化症、精神病、神経症、てんかん、自律神経失調症、アルコール依存症、ぜんそく、慢性気管支炎、胃かいよう、十二指腸かいよう、かいよう性大腸炎、慢性すい臓炎、慢性肝炎、肝硬変、慢性腎炎、ネフローゼ、腎不全、がん、肉腫、白血病、腫瘍、ポリープ、糖尿病、リウマチ、膠原病

(注)
  1. 「正常に就業し」とは、各所属所の就業に関する条例等に定められた時間どおり勤務している状態をいいます。
  2. 「連続2週間以上の入院」とは、上記列挙された病気により2週間(日曜日・祭日を含む)以上入院のため欠勤(時間休暇も含む)していた状態をいいます。

(2)保険期間と保険金額

保険期間と保険金額

(3)特約保証料(加入者が支払う保険料)

貸付金残高10万円につき月額20円です。
(平成29年4月1日現在)

(例) 貸付金残高512万円の場合
520万円(注3)/10万円 × 20円
→ 月額1,040円(年額12,480円)
特約保証料は毎年1回加入者の指定する金融機関の口座から12か月分を、一括して自動的に引き落とします。
(注)
  1. 特約保証料の計算は、貸付金残高を10万円単位に切り上げて計算します。

(4)保険金が支払われない場合

次に該当する場合等は、保険金は支払われませんので、ご注意ください。

  1. 加入申込時の「告知」に虚偽があったとき。
  2. 保障の開始日から1年以内に自殺したとき。
  3. だんしん加入者の故意により高度障害状態(注4)になったとき。
  4. 保険加入者または保険金受取人の故意により死亡または高度障害状態になったとき など
(注)
  1. 高度障害状態とは以下の状態をいいます。
    1. 両目の視力を全く永久に失ったもの
    2. 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
    3. 中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
    4. 胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
    5. 両上肢とも、手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
    6. 両下肢とも、足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
    7. 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの
    8. 1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

PageTopPageTop

使い方ガイド

メニュー

メニュー