物資事業

この事業は、組合員のみなさんの日常生活に必要な物資の購入に利便を図るため、所属所から推薦された商社と契約を結び、良い品をできるだけ安く、長期の分割払いで購入できるように設けられたものです。

(1) 商品の取扱種別及び品目

  1. 一般物資(取扱い指定店がないものもあります。)
    電器製品、洋服、時計、眼鏡、カメラ、貴金属、呉服、家具、寝具、インテリア、図書、健康器具、スポーツ用品、楽器、自転車、自動車の部品及び車検修理(現在、取扱い指定店はありません。)
  2. 旅行費用
    国内、海外のパック旅行商品(航空券等チケット類のみの利用は除く。現在、取扱い指定店はありません。)
  3. 自動車購買(償還利率は1.26%)
    自動車(自動車の購入の場合に限る。)

(2) 購買の方法

物資を購入するときは、共済組合から交付を受けた「ライフカード」と「組合員証」を提示して購入してください。指定店には共済組合が一括立替払いをします。

自動車の購入について
ライフカードで自動車を購入する場合は、自動車取得にかかる税金・保険料・諸経費等は自己負担になります。

(3) 購買の限度額

物資購買限度額は300万円です。

(4) 購買に係る手数料

種別 利息 付利方法
一般物資 なし 負担なし
旅行費用 1.0% 初回に負担
自動車購買 1.26% 年利・残高に対して

手数料は、金利状況に応じ、変動します。(平成30年4月1日現在)

(5) 月賦償還期間及び金額

  1. 購買代金の返済は毎月の給料及びボーナスから控除します。
  2. 償還回数及び金額は、次の「購買代金償還表」のとおりです。
    なお、償還の方法及び回数は、自動車購買を除き希望により購入時に決めることができます。
  3. 繰上償還をすることができます。
  4. 退職の場合は、ライフカードは返納し、未償還金がある場合は退職金から控除します。
購買代金の償還開始月は、指定店が共済組合に請求(毎月10日締め)した翌月から始まります。

(6) 「ライフカード」の申請方法

ライフカードは組合員資格を取得した日から申請できます。所属所の共済事務担当者に申し出て「ライフカード交付申請書」を記入作成のうえ、提出してください。なお、カードの交付料や年間手数料はかかりません。

ただし、ライフカード申請日において、下記事項に該当する場合はライフカードの交付申請はできません。

(物資購買規程第8条の2)

  1. 共済組合の貸付及び物資の償還月額と共済組合以外からの借入金の償還月額との合計が給料月額の30%を超える者
  2. 1の償還月額の合計額に12を乗じて得た額及び期末手当等の支給月における当該期末手当等からの償還額(物資購入に対する償還額及び他の金融機関等に対する期末手当等からの償還額を含む。)に2を乗じて得た額の合算額が、給料月額に12を乗じて得た額及び期末手当等の額(給料月額に4を乗じて得た額を期末手当等の額とみなします。)の30%を超える者
  3. 給料月額の全部の支給が停止されている者又は懲戒処分により給料月額の一部の支給が停止されている者
  4. 物資購買規程による即時償還を命じられた者で、即時償還期日までに全額を償還しなかった者
  5. 破産法(平成16年法律第75号)による破産手続開始の決定を受けたことにより、購買代金等について償還できなくなった者又は給料等に対し、差押え(仮差押えを含む。)を受けている者
  6. 民事再生法(平成11年法律第225号)による再生手続開始の決定を受けたことにより、購買代金等について償還できなくなった者

「ライフカード」を紛失した場合

紛失や盗難の場合は、直ちに警察へ届け出るとともに共済組合に、「ライフカード紛失(き損)届(様式)」を提出してください。各指定店へカード無効の通知を行います。なお、連絡が遅れた場合の他人の使用については、組合員に負担がかかる場合があります。

カードの管理は適切に行ってください。

PageTopPageTop

使い方ガイド

メニュー

メニュー