年金払い退職給付に係る各率の最新の状況がわかります

退職等年金給付制度においては、「付与率」に基づいた付与額と、「基準利率」に基づいた利息を、将来の年金の原資として毎月積み立てしています。
また、年金を受給する際には、「年金現価率」に基づき、年金額を計算します。
「基準利率」、「年金現価率」は毎年10月に見直しが行われ、「付与率」は財政状況に応じて将来見直される可能性があります。
これらの「基準利率」及び「年金現価率」は、地方公務員共済組合連合会の定款で定められており、最新の状況を地方公務員共済組合連合会のホームページ(http://www.chikyoren.or.jp/)、「年金関連情報」の「年金払い退職給付制度」で確認することができます。

去る6月28日開催の地方公務員共済組合連合会の運営審議会において、平成29年10月から平成30年9月までの間に適用する基準利率、終身年金現価率及び有期年金現価率について定款変更が了承されました。

※ 退職等年金給付の詳細は、全国市町村職員共済組合連合会のホームページ(http://www.shichousonren.or.jp/)、「年金給付事業」の「退職等年金給付(年金払い退職給付)」をご覧ください。
 

PageTop

閉じる

PageTop