70歳以上の高額療養費制度の見直しについて(H29.8〜)


健康保険制度の持続可能性を高めるため、世代間・世代内の負担の公平や、負担能力に応じた負担を求める観点から、平成29年8月から70歳以上の方の高額療養費の算定基準(自己負担限度額)が引き上げられました。

なお、平成30年8月からは、所得区分を細分化した上で自己負担限度額の更なる引上げが予定されています。

 
70歳〜74歳 〜平成29年7月
負担区分 自己負担限度額
外来
(個人)
世帯で入院・外来を合算
3
一定以上所得者
(※1)
44,400円 80,100円
+(医療費−267,000円)×1%
<多数該当…44,400円(※2)>
2

(※4)
一般 12,000円 44,400円



II
(市町村民税非課税)
8,000円 24,600円
I
(Uのうち所得が一定以下)
15,000円

平成29年8月〜平成30年7月
負担区分 自己負担限度額
外来
(個人)
世帯で入院・外来を合算
3
一定以上所得者
(※1)
57,600円 80,100円
+(医療費−267,000円)×1%
<多数該当…44,400円>
2

(※4)
一般 14,000円
(年間上限144,000円)
(※3)
57,600円
<多数該当…44,400円>



II
(市町村民税非課税)
8,000円 24,600円
I
(Uのうち所得が一定以下)
15,000円

※1 70歳以上の組合員の標準報酬月額が28万円以上であり、世帯の年間収入が520万円以上(70歳以上の被扶養者がいない場合は383万円以上)の組合員及びその被扶養者

※2 その月以前の12か月以内において、3回以上高額療養費の支給を受けた場合の4回目以降の自己負担額

※3 1年間(8月〜翌年7月)の外来の自己負担額の合計額に、年間144,000円の上限が設けられます。

※4 昭和19年4月1日以前生まれの方は1割

×このページを閉じる