王塚古墳(桂川町)


国指定特別史跡の王塚古墳は、高松塚古墳やキトラ古墳と並ぶ日本を代表する装飾古墳です。六世紀中ごろに築造された前方後円墳で、その最大の特徴は、石室のほぼ全面に施された壁画です。壁面は、赤・黄・緑・黒・白で描かれた靫(矢筒)・盾・騎馬・星・双脚輪状文・わらび手文・三角文などの模様で埋め尽くされています。

また、王塚古墳に隣接する王塚装飾古墳館は、王塚古墳をテーマとした博物館となっており原寸大の石室レプリカを中心に関係資料を常設展示しています。

○特別公開

王塚古墳は、現在石室保存のため春(4月)と秋(10月)の年2回のみ特別公開を行っています。

春の公開日 平成29年4月15日(土)・16日(日)

秋の公開日 平成29年10月14日(土)・15日(日)※秋の公開日は予定

受付時間  午前9時30分から午後4時(現地受付)

○館内音声ガイドサービス

お手持ちのスマートフォンやタブレットを使い、日本語・英語・中国語・韓国語に対応した多言語音声ガイドにて案内を楽しむことができます。詳しくは、桂川町のホームページ王塚装飾古墳館をご覧ください。

○アクセス

JR利用の場合 博多駅より福北ゆたか線で桂川駅まで約30分

桂川駅下車徒歩約10分

○お問い合わせ先

王塚装飾古墳館

〒820-0603 福岡県嘉穂郡桂川町大字寿命376番地

TEL 0948-65-2900

桂川町ホームページ http://www.town.keisen.fukuoka.jp/



【王塚古墳】

【王塚古墳石室レプリカ(前室)】

【王塚古墳石室レプリカ(後室)】

【王塚古墳からの出土品】

【王塚装飾古墳館】



×このページを閉じる