貸付を申込む際には標準報酬月額を使用しません


平成27年10月から標準報酬制が導入されましたが、貸付を申込む際には、標準報酬月額を使用せず、従前のとおり、給料月額(給料表にある給料月額)を基に限度額を計算することとなっていますので、ご注意ください。

なお、「貸付申込書」「借入状況報告書」の記入例を各種様式ダウンロードにて更新しています。



×このページを閉じる