データヘルス計画を策定しました

「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)において、国民の健康寿命の延伸が重要施策として掲げられ、その実現のために共済組合は健診データやレセプト(診療報酬明細書)データを活用した「データヘルス計画」の策定及び効果的な保健事業の実施が求められています。

また、効果的な保健事業を行うことで地方公共団体等のより効率的な運用にも貢献し得るものであり、共済組合と事業主である地方公共団体等とが健康づくりにつながるメリットを共有し、推進していく「協働(コラボヘルス)」も求められています。

データヘルス計画において、平成27年度の保健事業は、糖尿病の予防対策について重点的に対策を図ることとしています。



×このページを閉じる