トップ画像写真「幣(にぎ)の浜(糸島市)」について


黒木の大藤

幣(にぎ)の浜は、芥屋(けや)の大門(おおと)と野北(のぎた)浜を結ぶ6kmに至る弓張形の砂浜で、日本の白砂青松100選にも選ばれています。

その昔、黒田藩の学者貝原益軒(かいばらえっけん)が遊んだことも伝えられています。四季を通じて多くのサーファーでにぎわう美しい海岸線では、NHK大河ドラマ「北条時宗」の蒙古襲来シーンの撮影も行われました。

春の海岸散歩や夏の海水浴としても好評を博しており、松の緑と真っ白い砂浜、青い海と寄せては返す白い波のコントラストなどため息がでるほどの美しさで、絶好のドライブコースとなっています。玄界灘をオレンジ色に染めながら沈む壮大な夕日は、古代から変わることなく見る人を感動させます。



×このページを閉じる