黒木の大藤


黒木大藤は、1395年、後征西将軍良成親王のお手植えと伝えられ、幾多の戦と大火に見舞われながらも、樹齢600年以上を数える今でも力強く、また、たくましく生き続ける長寿の藤として全国に知られるようになり、国の天然記念物に指定されています。

黒木の大藤がある素盞嗚神社には、約3,000㎡もの広大な藤棚が広がっており、毎年4月中旬ごろに開花し、1mを超える紫色の花房を垂下させます。

開花期間中に開催される黒木大藤まつりには、全国から約20万人もの人が訪れ、藤の美しさに感動されます。

 

黒木の大藤

 


黒木の大藤また、大藤が開花するころ、『幾重にも重なる紫房よ永遠に』の大願成就を込めて、大藤のある素盞嗚神社において“藤の花神酒召せの式典”が執り行われます。

この式典は、藤の花を称え町の発展と町民の幸福を祈念し藤の根元にお神酒を注ぐ神事で、かつての戦火や約200年前の黒木町の大火にあった際、損傷を受けた藤が酒の粕を根元に与えたことで樹勢が元に戻ったということに由来しており、毎年、藤の根元に酒を注ぐようになったと伝えられています。



×このページを閉じる