福岡県うきは市 棚田百選つづら棚田

【場  所】 福岡県うきは市浮羽町新川 つづら棚田
【アクセス】 大分自動車道杷木ICから車で30分(約12キロメートル)。合所ダム方面へ県道106号を進んでください。
【問い合わせ先】 うきは市役所 農林・商工観光課 TEL 0943-75-4975、FAX 0943-75-3114

うきは市には、棚田百選や水源の森百選、名水百選に象徴されるように、豊かな自然が残っています。特に、森林セラピー基地としての活動が盛んになっています。ここにご紹介する「つづら棚田」は、日本の原風景といえる景観が残り、四季を通して多くの観光客を魅了しています。

都市住民との交流   早苗のころの美しいつづら棚田   「棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭」
いつまでも水と緑を守っていくため、棚田オーナー制度に取り組んでいて、都市住民との交流が深まっています。   6月上旬、早苗のころの美しいつづら棚田。水の張った棚田は、私たちに潤いとやすらぎを与えてくれます。   9月中下旬には、棚田を黄色の稲穂と真っ赤な彼岸花が彩り、とても美しい景観です。「棚田 in うきは彼岸花めぐり&ばさら祭」が企画され、多くの観光客でにぎわいます。
森林セラピーロード
つづら棚田には、森林セラピーロードが整備され、風景や香り、音や感触などを味わう喜びに出会うとともに、自然の中をガイドとともに心豊かに歩く貴重な時間を体験できます。
  つづら山荘   農家のみなさんが心を込め作ったておいしい料理
  つづら棚田の交流拠点として整備された「つづら山荘」(写真左)。農家民宿や農業体験の場として利用できます(TEL 0943-77-3100)。つづら山荘では、農家のみなさんが心を込めておいしい料理(写真右)を提供しています。
  かやぶき民家保全の取り組み   写真集「新川じまん」
  つづら棚田のある新川(にいかわ)地区は、伝統的建造物群保存地区に答申され、かやぶき民家保全の取り組みが始まっています。昔ながらの古民家が多く残り、農村の原風景をかもしだしています。写真左は、本村地区のかやぶき民家集落の様子。写真右は、新川地区の魅力を満載した写真集「新川じまん」

×このページを閉じる