犬ヶ岳のツクシシャクナゲ・豊前市

【場  所】 豊前市犬ヶ岳尾根 (九州自然国立公園内)
【アクセス】 JR宇島駅下車→豊前市バス 「宇島駅前」又は「八屋」バス停より
「求菩提資料館前」行きに乗車→「求菩提資料館前」バス停下車→徒歩2時間

ツクシシャクナゲはツツジ科の高山植物で、北部九州から本州(近畿以西)、四国にかけて分布しています。筑紫地方に多く見られるためこの名がつけられたといわれますが、犬ヶ岳では、三の岳から尾根づたいに経読岳まで、数キロメートルにわたり群生しています。 特に釈迦岳から笈吊岩にかけて密集しており、5月の開花時期には見事な花を咲かせ、神霊に捧げた神の花という言い伝えにふさわしいものです。

その自生地(自然に生育している)としては我国の南限とされ、貴重な高山植物です。


×このページを閉じる