育児休業手当金の支給方法の変更について(平成22年4月から)


平成22年4月1日以降に育児休業を取り始める方から、育児休業手当金の支給方法が次のように変更されます。

【現行】
(1) 育児休業開始から育児休業が終了(又は子が1歳に達する)までの間
…育児休業手当金の給付率50%(※1)のうち、30%を「休業中給付」として支給
(2) 育児休業終了(又は子が1歳に達した日)から6カ月後
…育児休業手当金の給付率50%(※1)のうち、20%を「6カ月後支給」として支給(※2)

【変更後の給付】

平成22年4月1日以降に育児休業を開始される方
育児休業開始から育児休業が終了(又は子が1歳に達する)までの間
…育児休業手当金の給付率50%(※1)を支給


※1
※2
※3
法律上は40%ですが、当分の間は暫定措置として、給付率が50%に引き上げられています。
育児休業終了(又は子が1歳に達した日)から引続き6カ月以上組合員である方に限ります。
平成21年度中に育児休業を開始された方は、現行通りの給付方法となりますので、ご注意ください。

×このページを閉じる