安心して出産をしていただくため、出産費・家族出産費について見直しをします。

(平成21年10月から)

(1) 支給額を引き上げます

現在出産費・家族出産費については、原則38万円(※)を支給しているところですが、平成21年10月からは額を4万円引き上げ、原則42万円(※)とします。


※「産科医療保障制度」に加入している病院等で分娩した等の場合に限ります。
       それ以外の場合は、35万円から4万円引き上げた額となる39万円となります。


(2) まとまったお金をご用意していただく必要がなくなります

現在は、出産にかかる費用を病院などにお支払いいただいた後、組合員から出産費・家族出産費の請求をしていただいた上で、共済組合から事後払いするか、あるいは、事前に「受取代理申請」をしていただいた上で、病院等へ共済組合から支払いをしています。

そこで、お手元に現金がなくても安心して出産をしていただけるように、通常の医療費と同様に、平成21年10月から原則として共済組合から直接、病院等に出産費・家族出産費を支払う仕組み(※)に変更となります。


※ 直接、病院等に出産費・家族出産費が支払われることを希望されない場合は、出産後にご本人で支
       払う現行制度を利用することもできます。

※ 出産にかかった費用が出産費・家族出産費の支給額(42万円)の範囲内であった場合は、その差額
       分は、後日共済組合に請求していただくことになります。

※ 平成21年10月からは従来の「受取代理制度」は廃止となります。


この制度は緊急の少子化対策として、平成21年10月から平成23年3月末までの暫定措置となります。

 


×このページを閉じる