風治八幡宮 川渡り神幸祭・田川市

【と  き】 平成21年5月16日(土)、17日(日)
(毎年5月の第3日曜日とその前日)
【場  所】 田川市魚町(彦山川 河川敷)
【アクセス】 JR田川伊田駅から徒歩3分
九州自動車道小倉南I.Cから車で約40分
※駐車場有 一部交通規制が発生するため、なるべく公共交通機関をご利用ください。
【問合せ先】 風治八幡宮 0947−42−1135
田川市商工労政課 0947−44−2000

川渡り神幸祭は、福岡県五大祭りの一つにあげられ、県の無形民俗文化財に指定されています。

2基の神輿と11基の山笠が彦山川を練り回り、色とりどりのバレン(穂先を模した飾り)を揺らし、彦山川を渡る様は勇壮で豪華を極め、筑豊に初夏を告げる祭りとして、毎年数万人の観衆の心をとらえています。

永禄年間(1558〜1569、今から約450年前)に疫病が流行した際、村の氏神である地元の同宮に疫病退散の願をかけた村人たちが、疫病が治まったお礼に山笠を建立し、神幸祭にお供奉仕したことが起源と伝えられています。

 

×このページを閉じる