公費医療費支給制度に該当、不該当となられた方はご報告をお願いします


共済組合では、組合員や被扶養者の皆さんが支払った医療費の自己負担部分に対して、一部負担金払戻金、家族療養費附加金等の給付を行っております。

しかし、皆さんが居住する市町村の条例等に基づいて、医療費の助成を受けてある場合は自己負担が少ない金額ですむため、附加金等の給付が出来ない場合があります。

もし、この制度の適用がある方もしくは所得制限等により不該当になられた方からの正しい報告がない場合は、附加金等の返還や給付もれなどが生じる可能性があります

つきましては、この制度に該当、不該当となられた方については、共済組合までご報告をお願いします。

なお、報告に関しましては、直接、共済組合にお電話いただくか、「公費医療費支給制度受給状況報告書」によりお願いいたします。

報告書については共済組合ホームページからダウンロードすることもできます。


報告の対象となる公費医療費支給制度
  1. 重度障害者医療費支給制度適用者
  2. ひとり親家庭等医療費支給制度適用者
  3. 乳幼児医療費支給制度適用者(所得制限により不該当になられた方のみ)
問い合わせ
  共済組合・健康課(医療係)
    TEL 092−651−2461
    FAX 092−641−5040

×このページを閉じる